ガンブラーウイルス

ガンブラーウイルス対応おすすめセキュリティソフトランキング

ガンブラーウイルスに対応している、おすすめのセキュリティソフトを当サイト管理人による独断と偏見でランキング形式にてまとめてみたので参考にして下さい。

ESETセキュリティソフト

ESETセキュリティソフト


イーセットセキュリティソフトは検出率が高く、動作も軽いので定評のあるセキュリティソフトです。サポート面も充実しており、もちろんガンブラーウイルスにも対応しています。1ヶ月無料体験版もあるのでおすすめです。

ESETセキュリティソフトの詳細はこちら >>


 

 

 

 

ノートン インターネットセキュリティ

ノートン インターネットセキュリティ


ノートンインターネットセキュリティは世界シェアNo1です。高い検出率を誇っており、使い勝手も新技術を採用する事によって飛躍的に向上しています。ガンブラーウイルスにも対応しており、信頼と実績のあるセキュリティソフトです。

ノートン インターネットセキュリティの詳細はこちら >>


 

 

 

 

ウイルスバスター

ウイルスバスター


ウイルスバスターは国内で高い人気を誇っており、3年連続で売上No1を獲得するほどです。検出率も高く安心してご利用できるのですが、動作が重たいため、軽いのを求めている方にはおすすめできません。

ウイルスバスターの詳細はこちら >>


ガンブラーウイルスとは?

ガンブラーウイルスとは、いつも見ているホームページからウイルス配信サイトに知らない間に誘導します。最近は、危険なサイトによる被害だけでなく、こういったガンブラーウイルス感染による被害も増加しています。

ガンブラーウイルスとは?

ガンブラーウイルスとは、いつも見ているホームページからウイルス配信サイトに知らない間に誘導します。そこからウイルス感染被害を発生させるホームページ誘導型ウイルスの俗称です。2009年5月に利用されたウイルス配信サイトの名称が「gumblar.cn」であったことからガンブラーウイルスと名前が付けられました。攻撃者は難解なJavaScriptをコード挿入することで、いつも見ているホームページから攻撃サイトへと誘導します。誘導先の攻撃サイトは、パソコンをダウンロードしたガンブラーに感染させます。そしてガンブラーはアカウント情報等を盗みだした、攻撃者に情報を送ります。さらに攻撃者は、収集したアカウント情報を利用して、誘導コードを新たなホームページに埋め込むのです。

ガンブラーウイルスの出現

ガンブラーウイルスは2009年5月に出現しました。 ガンブラーオリジナルと呼ばれ、猛威を振いました。BODYタグの直前に不正なJavaScriptコードを挿入することによって、知らないうちにgumblar.cn(「martuz.cn」)というウイルス配信サイに誘導されます。その後、2009年10月〜12月にGumblar.x、2009年12月にはGumblar.8080系が出現しました。これらはガンブラーオリジナルと比べてより複雑になっています。最近は、危険なサイトによる被害だけでなく、こういったガンブラーウイルスの攻撃による被害も増加しています。